PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr
スペース

アウトライナー 3 よくいただくご質問

このページでは『アウトライナー 3』について、よくお寄せ頂くご質問を紹介しています。

しおり作成

しおり設定

しおりの外部ファイル入力・出力

目次作成

PDFの分割・結合

Acrobatと比較

ライセンスなど


以下、回答

しおり作成

しおりのプロパティを一括で設定・変更できますか?
Ctrl+クリック、Shift+クリックでしおりを選択
Ctrl+A でしおりを全選択
選択したしおりの内容を一度に書き換えることができます。
また
選択した状態で表示方法と表示倍率を変更すると
表示方法と表示倍率だけが変更されます。
PDFファイルの既存の目次からしおりを自動作成するとき、しおりの移動先は本文の見出しの位置になりますか?
目次の見出しの文字列と本文の見出しの文字列が一致しているときは、その見出しから作成したしおりの移動先は本文の見出しの位置になります。一致していないときは正しい移動先を設定できません。
PDFファイルの既存の目次からしおりを自動作成するとき、目次のインデントで、しおりの階層構造を作れますか?
「自動生成」ウィザードの「見出し項目抽出条件」パネルで「インデント幅で見出しレベルを判定する」にチェックすれば、各行のインデントを考慮してレベル付けします。
PDF内に目次ページが書かれていれば、階層が深く、ページ数が多い場合でも、一回の作業でしおりの作成が可能でしょうか? できたしおりは、チェックが必要でしょうか?
元PDFファイルの目次のレイアウトなどにより意図しない場所にしおり情報が付与される場合はございますので、作成後のチェックは必要となるかと思われます。
しおりや目次の自動作成はどんなPDFでもできますか?
しおりや目次の自動作成ではPDFの内部を解読しております。このため、テキストとして認識できない文字(画像化した文字など)は対象となりません。
スキャナーで作成した、本文は画像のPDFにしおりをつけることができますか。
『アウトライナー 3』で、PDFを表示してしおりを付けたいページと見出しを、画面上で選択して、その位置にしおりを設定できます。

選択した位置に透明テキストがあって、それを取得できればしおりのタイトルにします。テキストを取得できないときはしおりのタイトルは「新しいアイテム」となります。但し、自動しおり作成はできません。

しおりの自動生成時、「指定フォントサイズ以下の文字列を除外する」設定が行なえますが、これは見出しの1文字ごとに判定しているのでしょうか
除外は1文字ずつで行っているのではなく見出し(行)テキストに対し除外判定を行っています。

例えばサイズが9、10、11のフォントサイズが混在した見出し(行)の場合、行に結合した時のフォントサイズは最大のものが設定されます。この場合は行のフォントサイズは11となるので「指定フォントサイズ=10」では除外されません。

しおりの自動生成時、「日付を自動認識して除外する」指定にした場合の、対象とならない日付表記はあるでしょうか。
アウトライナー3では、数字8桁のみ、数字 + "/" +"数字"の日付表記、及び英語での日付表記は除外対象にはなりません。「"アラビア数字"+日本語の"年"or"月"or"日"」のような、年・月・日のいずれかの表記があるものを日付として認識します。以下に2020年1月1日の日付表記で例を示します。

「日付を自動認識して除外する」指定にした場合、除外判定となるもの

  • 2020年1月1日
  • 令和2年1月1日
  • 1月1日

「日付を自動認識して除外する」指定にした場合、除外判定とならないもの

  • 20200101
  • 2020/06/09
  • January 1, 2020
  • 1 January, 2020

※英語表記の場合も除外対象にはなりませんが、自動生成設定時に「読点が含まれる文字列を見出しとする」指定をしなかった場合は、見出し判定から除外される場合があります。これは、アウトライナー3はカンマ(,)を読点として解析しているためです。

しおり設定

PDF内に縦横ページが混在しており、ページ番号を短辺側(縦)下部に表示させたい場合、横方向のページは、個別で回転させる必要がありますか。
回転させる必要がない場合、異サイズ混在(A4とA3)のPDFで、ページ番号を表示させる場合、A3ページは全て長辺側に表示するなど細かな設定は可能でしょうか。
ページ番号は用紙の使用方向に関係なく、用紙の物理的な上辺と下辺に付きます。用紙を横長に使い(ランドスケープ)、その長辺である上辺または下辺にページ番号を配置したいときは、あらかじめページを回転しておく必要があります。
しおりを作成する際、しおりのプロパティ「アクション」の表示倍率に、「ズーム設定維持」(ジャンプ直前の表示倍率を継承する)設定をすることはできますか?
『アウトライナー 3』ではしおりの表示方法として「ズーム設定維持」を選択できます。
但し、自動しおり作成では、現在、「幅に合わせる」を設定するようになっています。そこで、しおり自動抽出でしおりの項目数が多くなった時は、しおりを外部ファイルに書き出してエディターで編集した上で、PDFに戻すと良いでしょう。

しおりの外部ファイル入力・出力

「しおり」情報(多い時は100件くらい)を、一括してテキスト出力することは可能でしょうか。
PDFのしおりをCSV・XML・JSONとして書き出すことができます。これらのファイルはテキストですので、書き出してから簡単に編集できます。
CSV形式で作成したしおりのデータをしおりが付与されていないPDFに取り込むことができますか?
可能です。PDFのしおりをCSV・XML・JSONとして書き出せますので、しおりが付与されていないPDFに取り込ませることで、しおり付きPDFを作成できます。また、しおりの外部ファイル使用に合わせてCSV・XML・JSONを作成すれば、しおりを一括作成することも可能です。
PDFを結合したときのしおりをCSVで書き出し、マクロ処理してPDFに戻して体裁と情報を付加したPDFをしたいのですができますか。
可能です。しおりをCSV・XML・JSON形式で書き出せます。マクロ処理した後のCSV・XML・JSON形式のしおりをPDFに戻せます。
しおりをCSVでエクスポート、PDFへインポート可能とありますが、出力時ページ番号もエクスポートされ、エクセル等で編集後に、ページ番号も合わせてインポートされますか。
『アウトライナー 3』のしおり情報のCSVには、ページ番号も出力されます。CSVをExcelで読み込んで、ページ番号の数字を修正して『アウトライナー 3』でインポートするだけで、しおりの移動先のページを変更できます。
しおり情報のXMLファイルを作成し、コマンドラインでPDFにしおりを付与する場合、1つのしおりに付けられる最大文字数はいくらでしょうか。
1つのしおりにつけられる最大文字数には仕様上の制限はありません。
多数のPDFファイルに別管理しているページ情報を使って一括でしおりを付けられますか。
各PDFファイルのしおりの見出しのテキストと、そのページ番号とから、CSV・XML・JSON形式でしおり情報を作成してください。そのしおり情報を『アウトライナー 3』のコマンドライン機能で該当のPDFファイルに付けると良いでしょう。
複数(大量)のPDFに、全く同じ「しおり」を作成したいのですが、『アウトライナー 3』には、一括でこの作業が出来る機能はあるでしょうか? 最低でも、コピー&ペーストと同等の機能は必要です。
コマンドライン機能をお使いいただければ、同じしおりを複数のPDFに一括で設定できます。

目次作成

PDFに目次をつけてPDF出力をすると、目次部分の文字の一部が化けてしまいます。
目次のテキストが文字化けする場合、目次に指定されているフォントに、文字化けした箇所のUnicodeを表示するためのグリフがないために発生します。下記の方法をお試しください。
  1. アウトライナー3にて目次を作成後、「目次」タブをクリック
  2. ツリー上のアイテム「目次」を選択
  3. 下段の目次設定のエリアの項目「フォント」で適切なフォントを選択
  4. PDF 出力する
表示できるフォントがない場合は、独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)が提供するオープンソースのフォントである「IPA Font」をお使いのPCにインストールすることで解消する場合がございます。
PDFの目次情報を外部ファイルに出力したいですが可能でしょうか。
可能です。目次ページを利用してしおりを自動生成する機能としおり情報を出力する機能を利用します。しおりの自動生成機能で目次ページから生成することで、目次ページの内容とほぼ同一のしおりを作成できますので、その情報をしおりの外部ファイル出力機能で出力することで実現できます。出力ファイルはCSV・XML・JSONから選択できます。
手元のPDFにはしおりが付いていますが、このしおりを目次にすることはできますか?
可能です。しおりと目次の同期機能、しおりから目次のページを作成して元のPDFの任意の位置に目次のページを挿入できます。
目次の位置は表紙の次に固定ですか? 目次のページ位置を変えることができますか?
目次の配置ページは既定値では2ページ目からになりますが、『アウトライナー 3』のページモードで目次の配置ページを任意の位置に移動できます。
目次の作成で質問です。PDFが数百ページになる場合、目次の項目が多くなると思いますが、複数ページの目次を作ることがでますか。
目次を複数ページ作成することができます。

PDFの分割・結合

しおりがついている二つのPDFを結合したとき、しおりはどうなりますか?
しおりを結合するかどうかを「ツール」の「オプション」で設定できます。「PDF結合時、結合元PDFのしおりを追加する」が無効(チェックオフ)だとしおりは結合されません。このオプションを有効(チェック)するとしおりも結合します。
しおりの位置でPDFを分割できますか?
はい。分割することができます。他にもファイルサイズやページ数での分割が可能です。
3,000ページ、約1GBのPDFを分割しようとしてエラーになってしまいま した。何が原因でしょうか
『アウトライナー2.6』は32bitアプリケーションのため、メモリ不足でエラーになっているようです。弊社環境で調査した所、『アウトライナー 3』では分割できましたので、3以前のアウトライナーをご使用の場合は、『アウトライナー 3』へのバージョンアップを推奨致します。
⇒『2.5』『2.6』をお持ちで保守期間中のお客様であれば無償でのバージョンアップが可能です。ユーザー登録済の『1』『2』『クセロPDFTools』をお持ちのお客様は優待価格にてご購入可能です。

Acrobatと比較

現在Acrobatでしおりの作成、あるいは、しおりの位置調整をしています。これと同じ機能があるのでしょうか。
しおりで移動した先をPDFリーダーで表示する倍率、移動先PDFを表示する位置などはISO 32000-1の標準で決まっています。ですので、表示方法はAcrobatと互換になります。
普段Acrobatを使っています。『アウトライナー 3』を導入するメリットはありますか?
次のようなメリットがあります。
  • 手動でしおりを作成する場合、細かな設定を画面上ですぐに指定できます。
    例えば移動したいページを直接数値で指定できます。
  • CSVなどでしおりの設定ができるので、さまざまな応用が比較的簡単にできます。
  • 既存のしおりをチェックしたい場合、CVSファイルに出力することで機械的な自動チェックに応用できます。機能を活用することで、目次のチェックも行えます。

ライセンスなど

2台目のパソコンにもインストールしたいのですが、再度購入する必要はありますか? ワンユーザーなら、2台目のパソコンでも使用可能でしょうか?
『アウトライナー 3』をインストールできるのは1ライセンスあたり1台のPCに限ります。2台目へのインストールを実施する場合は別途ライセンスの追加購入をお願い致します。
実際の操作のしやすさや処理速度、及びCPUにかかる負荷も気になりますので、購入前に期間限定で試用してみたいです。
『アウトライナー 3』の評価版をご検討ください。30日間の期間と生成したPDFに透かしが入ること以外は、正規版と同じ機能を全てご使用いただけます。
導入を検討しているPCは、セキュリティ上、インターネットに直接つながっていないのですが、インストールと利用は可能でしょうか。
インターネットに繋がっていないPCでもインストールし、ご利用いただくことができます。
但し、ソフトウェアのご提供はは原則としてダウンロードとなりますので、ソフトウェア及びライセンスの入手にはインターネット環境が別途必要です。CD-ROMなどの物理媒体が必要な際は、有形物オプションをライセンスと合わせてご購入下さい。
購入後のサポートを受けたいのですが、必要となるバージョン情報やシリアル番号などのライセンス情報を確認する方法はありますか。
アウトライナーを起動頂き、メニューバーの「ヘルプ」を選択後、「アウトライナーのバージョン情報」をクリックすると、バージョン情報、シリアル番号、及び保守期限が記載されたウインドウが立ち上がりますので、そこに記載されている情報をご提供ください
  • バージョン情報:
    アウトライナー3 MR○ 
    (○には改訂の数値が入る。MR1なら改訂1版)
  • シリアル番号:
    MPD3〇0W6~ 
    (○にはバージョンアップ番号が入る。MPD300ならバージョン3、MPD350ならバージョン3.5)
  • 保守期限:
    202○.〇〇.○○ 
    (この日付が過去の日付の場合、バージョンアップやサポートを受けることは出来ません)
△ページ上部へ
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.