PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

システムコンポーネント製品・ソリューション製品のナビゲータ

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

アンテナハウス製品紹介セミナー資料はこちらから

[導入事例] 決裁の電子化と書類保管の廃止(株式会社あおぞら銀行) - PDF/XML 長期署名ライブラリ

概要

項目 内容
ユーザ名 株式会社あおぞら銀行
製品の種類 PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib
XML長期署名ライブラリLE:XAdES:Lib
ライセンスタイプ サーバライセンス
稼動開始時期 2017年08月23日
開発会社 自社開発

導入先システム・アプリケーションの特徴

PDF長期署名ライブラリLE:PAdES:Lib

ISO32000-2(PDF2.0)のPDF署名に対応したライブラリです。

XML長期署名ライブラリLE:XAdES:Lib

JIS X5093「XML署名利用電子署名の長期署名プロファイル」及びISO 14533-2に準拠した長期署名に対応したライブラリです。

導入前の課題・問題点

決裁の電子化

ハンコを付いて決裁していたものを電子署名により、決裁が確実に行われたことを証明する仕組みを導入

書類保管の廃止

書類保管を廃止するためには、印鑑文化を電子署名に変えることで原本を紙から電子(ファイル)に変えることは必須であったがそれだけでは書類保管の廃止は達成できなかった。決裁文書はその決裁内容において長期の保管が必要となるため、10年後やそれ以上経っても開くことのできる必要がある。そのため、将来にわたって互換性の高いファイルフォーマットで保管する必要がある(具体的にはPDF)。
また、いわゆる稟議書以外の各種フォーマットで行われている意思決定を対象にする必要がある。(稟議書で行われる決裁は行内の決裁の一部のため)

改ざんの防止

PDFへの長期署名

対顧での契約ではなく、あくまで行内の決裁であることから、本人の決裁意思を表現するためではなく、決裁した文書の改ざんを防止することを目的とした。そのため、本人の電子証明書を使わず、署名を行うサーバープロセスに専用の電子証明書を持たせ、サーバーで一括して行う。

任意ファイルへの長期署名

前項のPDFに限らず、決裁関連の様々なファイル一式が改ざんされていないことを証明するためにXML署名を利用する。

電子決裁と書類保管の廃止

PDF・XML署名を利用しての改ざん防止、及び検知システムの構築により、電子決裁の運用を安全に行うことができ、且つ、関連する(物理的な)書類保管の廃止を実現できた。

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.