PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

システムコンポーネント製品・ソリューション製品のナビゲータ

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

アンテナハウス製品紹介セミナー資料はこちらから

[導入事例] Antenna House PDFXML変換ライブラリ
パッケージデザイン向け文字検版支援ソフトウェア「フォルトファインダープロ」

概要

項目 内容
開発会社 株式会社バイステック
製品の種類 Antenna House PDFXML 変換ライブラリ
ライセンスタイプ OEMライセンス
運用開始時期 2019年10月

導入先システム

FaultfinderPro

「フォルトファインダープロ」は、今まであきらめていた複雑な文字修正の検版がデジタルで可能な、パッケージデザイン向けPDFデータ文字検版支援ソフトウェアです。


Antenna House PDFXML 変換ライブラリ を活用した機能

文字の比較照合時に、PDFを解析して文字情報・文書構造を出力

Antenna House PDFXML 変換ライブラリは、文字情報はもちろんのこと、文書校正に欠かせない、テキストフレーム要素(行、段落、段組み)、表フレーム要素、画像フレーム要素をXML形式で出力できます。その結果、指定したエリアから比較に必要な情報を抜き取れるので、PDF内の文字の比較検査が行なえます。

PDFの異なるエリアを比較する際、PDFの任意の範囲からテキストを抽出

位置情報を持った文字情報をXML形式で出力できるので、指定された範囲に含まれる文字を取り出すことができます。エリア指定による比較検査においても、内容やレイアウトが同じか異なるかを検査できます。


Antenna House PDFXML 変換ライブラリ の選定理由

日本語文字コードを正確に読み出すことができるので文字化けが発生しない

⇒比較検査において、文字化けが発生するのは避けたい。PDFXML変換ライブラリであれば、日本語の文字コードを正確に解釈し、文字化けせずに文字情報を取り出せるので、解析スムーズに実施できる。

出力した文字に位置情報が入るため、文字位置の読み出し精度が高い

⇒パッケージデザインでは同じ内容でもレイアウトが違うことがある。その比較のためには文字の位置情報が必要不可欠だが、PDFXML変換ライブラリは位置情報を高精度で読み出すことができる。

既存のソフトに組み込んだ際、組み込みライブラリとしてコンパクトであったため

⇒必要な機能があることはもちろん、組み込みや開発が迅速に行えることも重要だが、このライブラリは必要十分な機能が、コンパクトにまとまっていたため、スムーズな実装が行えた。


Antenna House PDFXML 変換ライブラリについて

スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.