PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ
hr トップ
ページ
hr デスクトップ
製品情報
hr システム
製品情報
hr DITA
サービス
hr 電子書籍
サービス
hr サポート hr 製品の購入
について
hr お問い合わせ hr 会社案内 hr

評価版のお申し込み

OEMについて詳しくはこちら

受託開発(PDF)について詳しくはこちら

Antenna House PDF Viewer SDK

『PDF Viewer SDK V5.0』 販売中!

表示速度が大幅に高速化!
独自のPDFリーダーの開発に利用できる Windows 向けの SDK です。表示だけでなく、プログラムからの自動印刷や、テキスト抽出に利用できます。 アクロバットやアドビリーダーは、必要ありません!

ウェビナーのご紹介 New

自分でPDFを書いてみよう! 書いてわかるPDFフォーマット ~ファイル構造編~
日時
2022年5月24日(火)16:00~16:45
概要
PDFファイル・フォーマットの基本概念やファイル構造について、デモを交えて解説します。
こんな方にお薦め!
  • PDFファイル仕様に興味をお持ちの方
  • PDFファイルを扱う必要がある方で、フォーマットの理解を深めたい方
内容紹介・お申込みページ
こくちーずプロからお申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/ah20220524/
Zoomウェビナーへ直接お申込みいただく場合: ウェビナー登録ページ

ウェビナー動画のご紹介

  アンテナハウスPDFチャンネルはこちら

お知らせ

2021年12月9日 「Windows 11」への対応について
 以下のバージョンについて動作確認を行いました。
  • V5.0 MR1
  • V4.0 MR6
  • V3.5 MR6
 上記のバージョンについては、これ以降の改訂版にて Windows 11 に対応いたします。
2021年12月9日 「Windows Server 2022」への対応について
 以下のバージョンについて動作確認を行いました。
  • V5.0 MR1
  • V4.0 MR6
 上記のバージョンについては、これ以降の改訂版にて Windows Server 2022 に対応いたします。(V3.5については対応予定はありません。)  Windows Server での利用にはデスクトップエクスペリエンスが必要です。
2021年7月1日 弊社製品の対応プラットフォーム(OSなど)の動作保証について変更がございます。
  詳しくは「お知らせ」をご覧ください。
2019年11月7日 『Antenna House PDF Viewer SDK V3.5』以前の販売および保守サービスについて
  V3.5 以前のバージョンにつきまして下記とさせて頂きます。
販売終了: 2019年12月31日
保守サービス終了: 2024年12月31日
  なお、保守サービス中であっても延長サポートが終了したOSはサポート対象外となります。

製品の種類

ご利用いただけるソフトウェア・コンポーネント、ライセンス形態が異なる二つの製品をご用意しております。用途にあった製品をお選びください。

製品の種類 内容 用途
Antenna House PDF Print Kit ・PDF Viewer API
・サーバーライセンス
サーバー上での自動印刷やデータ抽出、画像化など
Antenna House PDF Viewer Kit ・PDF Viewer API
・PDF Viewer Ctrl
・スタンドアロン10ライセンス
クライアントアプリへのPDFビューアー機能組込み

ソフトウェア・コンポーネント

PDF Viewer APIPDF Viewer Ctrl の機能や用途の違いについて、下記をご参照ください。

PDF Viewer API PDF Viewer Ctrl
おもな機能 ・PDFの画面表示
・PDFの印刷
・PDFの検索・ハイライト領域取得
・テキスト抽出(位置および範囲指定)
・PDFの画像ファイル変換
・リンク注釈情報の取得
・ウォーターマーク表示
PDFPageViewCtrl
  ・PDF表示
  ・注釈表示・編集
  ・検索ダイアログ・検索・ハイライト表示
  ・テキスト選択・コピー
  ・印刷ダイアログ・印刷
  ・文書情報表示・設定
  ・セキュリティ情報表示・設定
  ・画像ファイル変換
  ・SVGファイル変換
PDFThumbnailCtrl
  ・サムネイル表示
  ・ページ編集(移動、削除、
   白紙ページ挿入、サイズ変更、回転)
PDFOutlineCtrl
  ・しおり表示
  ・しおりのアクション実行
特長 ・コマンドライン(CUI)向き
・PDF処理の自動化向き
・GUIアプリケーション向き
・出来合いのGUIコントロールを用意
・アプリケーションに簡単に組込み可能
・コントロールAPIで独自の制御も可能
用途 ・サーバー上でPDF印刷の自動化
・開発アプリへPDF印刷を組込み
・PDF帳票からテキスト抽出しCSV化
・検索・範囲指定テキスト抽出による
 PDF帳票フォーマットの判定
・PDF Tool APIと組み合わせた
 PDF編集処理
・店舗用端末へのPDF表示・印刷の組込み
・独自機能を追加したPDFビューアーアプリ開発
・注釈編集を利用したレビューシステム
・ビューアー上で範囲指定を画像/SVGに変換
形態 DLL Windows Form (DLL)
ActiveX コントロール (ocx)
API .Net Framework
C++/C言語
.Net Framework
ActiveX I/F
32bit/64bit 32bit/64bit 32bit/64bit
サンプルコード サンプルPDFビューアー(C++/C)
その他
サンプルPDFビューアー・エディター(C#)
その他


PDF Viewer SDK の構成

関連製品のご案内

Office Server Document Converter

Microsoft OfficeなしでOffice文書のPDF化、サーバ上での利用に最適
Office Server Document Converter は、Microsoft Word / Excel / PowerPoint、及びRTF文書をサーバサイド(Windows/Linux)でPDF / Flash(SWF)/ SVG / TIFF / JPEG / PNG / TIFF / INX / XPSファイルへ変換するライブラリです。

グループウェアやWebメールシステム等でSBCを利用することにより、Microsoft Word / Excel / PowerPointがインストールされていない、および動作しない環境でもMicrosoft Word / Excel / PowerPoint、及びRTF文書を簡単に表示することが可能です。

詳細はこちら
PDF Tool API
PDFページ結合・分割、しおり・注釈編集、テキスト抽出、テキスト検索
PDF Tool APIは、PDFファイルの情報取得やPDFファイルの加工・編集を行うライブラリです。既存のPDFへの注釈を追加、PDFの分割・合成、などのAPIを提供します。ページのテキスト抽出やテキスト検索も可能です。
詳細はこちら
スペース
トップページサポートお問い合わせ会社案内
サイトマップ個人情報保護の考え方とお願い
Copyright Antenna House, Inc. All rights reserved.
Antenna House is a trademark of Antenna House, Inc.