PDF、組版と文書変換のアンテナハウス株式会社

サイトマップ

PDF Tool API:評価版のお申し込み

お申し込みとダウンロードの手順

下記「ソフトウエア使用許諾契約書」にご同意の上、必要事項を記入してお申し込みください。

お申し込み内容を確認後、評価版のダウンロードアドレスをメールにてお知らせいたします。Eメールアドレスをお間違いのないようにご記入ください。

評価版の内容

  • 評価版では、C++ / .NET (Windows版のみ) / Javaの各APIとコマンドラインが利用できます。
  • 評価版にはWindows用、Linux用の両方が含まれています。
  • 評価版の制限事項は、次項をご確認ください。

評価版の制限事項

『Antenna House PDF Tool API』の評価版には以下の制限があります。

  • 評価版用のライセンスファイルが存在しない場合は動作しません。(※1)
  • [Windows版] インストール後、30日間利用できます。
  • [Linux版] インストール後、最初にPDF Tool APIを実行した日から30日間利用できます。
  • 有効期間を過ぎると、利用できません。
  • 評価期間中、出力される PDF には評価版を示す透かし文字列が挿入されます。
  • 上記以外に正規版との違いはありません。

※1 評価版用のライセンスファイルはインストーラーが自動で作成します。

評価版の禁止事項

評価版では以下の行為を禁止しております。

  • 評価版で出力した PDF に表示される透かしを削除すること。
  • 評価版を実運用業務や開発業務に使用すること。

評価版セットアップの注意事項

評価版のセットアップをご利用される場合は以下の点にご注意ください。

  • ダウンロードしたzipファイルは必ず展開し、展開後のセットアップファイルをご使用ください。zipファイルを展開しないまま、zipファイルの中から直接セットアップファイルを実行しないでください。
  • セットアップファイルは評価を行うコンピュータ上に配置しインストールを行ってください。セットアップファイルは、ネットワークの共有フォルダ等から実行できません。

製品に関するお問い合わせについて

本ソフトウェアに関する購入前のお問い合わせは、システム営業グループ( sis@antenna.co.jp) までご連絡ください。
問題が発生した場合には、動作環境の詳細情報やサンプルデータをご提供くださいますようお願いいたします。

ソフトウエア使用許諾契約書

第1条(使用許諾)
  • アンテナハウス株式会社(以下「当社」という。)は、お客様が本契約書の条項に従って当社の「Antenna House PDF Tool API」(これに付属するすべてのファイルを含め、以下「本ソフトウエア」という。)を使用することを許諾します。
第2条(著作権の所在)
  • 本ソフトウエアの著作権、その他の知的財産権(以下「著作権等」という。)は当社に帰属します。お客様は当社の著作権等を侵害しないことに同意するものとします。
第3条(評価)
  • 本ソフトウエアは、当社から評価版として提供された場合、製品の機能を事前に評価していただく目的に限り、無償でお試しいただくことができます。
  • この場合、PDF Tool API の出力結果には、評価版を示す透かし文字列が現れます。
  • お客様はこの透かし文字列を削除・改変してはなりません。
  • お客様は本ソフトウエアを使って出力した結果をお客様の業務に使用することはできません。
  • 評価期間は 30日間とします。
第4条(正式使用権)
  • お客様が本ソフトウエアを継続して使用するには、次のとおり正式使用権を取得していただく必要があります。
  • 当社が定めた使用料を当社又は当社が認めた代理人にお支払いしていただきます。使用料に変更があった場合は、正式使用権申し込み時の額をもってお支払いしていただく使用料とします。
  • 正式使用権には、サーバーライセンス、スタンドアロンライセンスなどの種類があります.各々のライセンスにおける使用条件は当社が発行するライセンス証書に従うものとします。
  • 正式使用権に使用許諾権契約書が添付されている場合は、本使用許諾契約書より添付の使用許諾権契約書が優先します。
  • 正式使用権には、別途定める期間の保守契約条項が添付されます。
第5条(正式使用権の供与禁止)
  • お客様は、正式使用権を第三者に供与することはできません。
  • お客様は、本ソフトウエアを第三者に貸し出したり、リースしたりすることはできません。第三者への貸し出し、リースするためには別途契約を締結していただく必要があります。
第6条(複製)
  • お客様は、本ソフトウエアをお客様ご自身のバックアップとしての目的以外に本ソフトウエアを複製することはできません。
第7条(改変・解析の禁止)
  • お客様は、本ソフトウエアを修正、変更、逆アセンブル等により解析することはできません。
第8条(保守の条件)
  • 本ソフトウエアに重大な障害があった場合、次の条件により当社からお客様にその障害の修正を行ったもの(以下「修正版」という。)を提供いたします。当社がお客様に修正版を提供する義務を負うのは、次の2項目の両方に該当する場合のみとします。
  • 当該の障害は、当社で再現することが可能であって、かつ、本ソフトウエア自体の障害であること。
  • 第4条五項の保守契約期限内のお客様に限ること。
第9条(損害の免責)
  • お客様が、本ソフトウエアを使用することにより損害を受け、又は第三者から損害賠償の請求を受けたとしましても、当社の賠償責任はお客様にお支払いいただいた使用料の範囲内とさせていただきます。

スペース